三歩すすんで二歩さがる

アクセスカウンタ

zoom RSS 続・子どもが成長するとき

<<   作成日時 : 2004/10/22 05:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前記事にいただいたコメントを読んで考えたことを少し書いておきます。

> 最近、そういうことに出会いました。正確には情報だけ渡して、私は逃げたのですが、
> その情報を受け止め、咀嚼し、辛い情報だったのにも関わらず、本人が一歩を踏み
> 出してくれたそうです。

> 涙がでそうに嬉しいです。

> 本当に子供はしなやかで、柔軟で、しかも伸びるときはあっという間に伸びますね。

きっとこの生徒さんは、非常に賢い人なのでしょう。
胡麻娘さんは、稀有な出会いをしたといってもいいのではないでしょうか。

ところで、子どもの成長は、大人が思ってもみない行動として表れることもあります。
昨日、私の勤務校は中間試験だったのですが、遅刻した生徒が一刻も早く試験を受けたいと焦るあまり、上履きに履きかえず革靴のまま試験の行われている別棟の教室に入ってしまったというのです。
待ち構えていた教員たちは、靴箱に上履きが残されているからまだ来ていないと判断して大変心配したそうですが(当たり前だ)、その話を聞いた私は大笑いしてしまいました。
いや、本当は通学途中で事故に遭っているかもしれないわけだから笑い事じゃないんだけど。
何故かって、教員から見てこの生徒は非常にまじめで融通が利かず、集団生活の中でうまくやっていけるのか、入学時から多少の不安があったからです。
その生徒が、試験という非常事態(?)にどうすれば良いか、自分なりに判断して行動できていることに、私は少なからず感嘆したのでした。
ああ、たくましくなったなあ、って。
もちろんその行動自体が適切でなかったことは言うまでもないので、この生徒の次の成長のステップとしては、心配して待っている他者の存在を認識し、それらの人たちのためにどう行動するべきか、を本人に考えさせることなのでしょう。

子どもの成長って本当に一筋縄ではいかないんだな、と再認識させられる出来事でした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
続・子どもが成長するとき 三歩すすんで二歩さがる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる